モノローグ | つくば在住のガーデンデザイナーのひとりごと【sora-niwa】

sora+旅 -2019- ⑥

sora+旅 -2019- ( 最終日)

 

今回の旅では、テント泊以外はすべてビジネスホテルでしたが、

最終日の直島だけはちょっと贅沢に、『ベネッセハウス』に宿泊。

安藤建築では数少ない木造建築です^^/

IMG_0128 IMG_0127

 

アートの島『直島』なので、photoshopやright roomを使ってアート写真風に^^;

IMG_0129-1 IMG_0129-2 IMG_0129-3

 

宿泊施設の中はちょっとしたミュージアムになってます。

安藤さんらしい設計ですね^^

IMG_0133 IMG_0134 IMG_0135

IMG_0137 IMG_0136 IMG_0138

 

ホテルの中だけではなく、お庭にも作品がたくさん展示してあります。

普段通り4時に目が覚めてしまったので、お庭を早朝散歩^^;

おじいちゃん級の目覚めの早さですね(笑)

IMG_0143 IMG_0144 IMG_0145

IMG_0146 IMG_0151 IMG_0148

IMG_0149 IMG_0150 IMG_0147

 

草間彌生さんの『南瓜』

こちらの黄色かぼちゃは、ホテルから歩いて5分のところにあります。

朝早いので、当然誰もいませんでした^^;

IMG_0152 IMG_0153 IMG_0154

 

瀬戸内の海というだけでお洒落に見えてしまいますね^^

IMG_0155 IMG_0156

 

部屋に戻り、ホテルの朝食。

散歩したせいかお腹が空いていてたくさんおかわりしてしまった^^

IMG_0141

 

『ベネッセハウスミュージアム』

こちらのミュージアムは、宿泊者は無料で見学を出来ます。

IMG_0157 IMG_0159 IMG_0160

IMG_0161 IMG_0162 IMG_0164

 

海岸の砂浜の色がすごく特徴的で綺麗でした。

マウンテンバイクを借りて、島を一周の予定でしたが、

雨だったので、すべての移動を徒歩に変更。

蒸し暑いし、リュックも重かったので、けっこうハードでした^^;

IMG_0165 IMG_0167 IMG_0168

 

『文化大浴場』

歩いている途中にいろいろな作品と遭遇。

こちらの中央にあるジャグジーは入浴可能のようです^^;

IMG_0172 IMG_0170 IMG_0171

 

『李禹煥美術館』

韓国生まれの美術家・李禹煥氏の美術館。

建物は安藤忠雄氏の設計で、直島ではたくさんの安藤氏の作品があります。

IMG_0174 IMG_0179 IMG_0178

 

『地中美術館』

安藤氏の代表作の一つで、地下に建設されてますが、自然光が降り注ぎ、

時間によっても作品の見え方が違うそうです。中の撮影はNGでした。。。

IMG_0184

 

地中美術館の中にも展示されているクロードモネの睡蓮。

モネが愛した睡蓮の池が地中美術館前にも造られてます。

IMG_0180 IMG_0181 IMG_0182

 

ただのゴミ箱のアップ写真ではなく巨大ゴミ箱のアート^^;

IMG_0186 IMG_0185

 

本村エリアまで徒歩で30分^^

このエリアにはたくさんのアートスポットがあります。

見学するためには、『瀬戸内国際芸術祭2019』などのパスポートが必要です。

春、夏、秋の3シーズン開催され、

本日は、『瀬戸内国際芸術祭2019』夏シーズンの初日です^^

IMG_0187 IMG_3457

 

『ANDO MUSEUM』

築100年の古民家に打ちっ放しのコンクリートを取りれた建築

IMG_0188 IMG_0189

 

『家プロジェクト』の南寺(左)と角屋(中央)

右の写真は『妹島和世+西島立衛』のSANAA設計。

FRP製の13個の球を積み上げた駐輪場などを兼ねた船の待合所。

IMG_0190 IMG_0191 IMG_0199

 

The Naoshima Plan 2019 「水」

IMG_0192 IMG_0194 IMG_0193

 

本村地区はいたるところにアートが^^

IMG_0196 IMG_0195 IMG_0197

 

草間彌生さんの『南瓜』

赤かぼちゃは宮浦港ターミナルの近くにあります。

草間彌生さんの黄・赤のかぼちゃキーホルダーは人気商品のようですが、

価格はなんと1,620円!!

めっちゃ高いけど、可愛かったのでお土産に2つ購入してしまった^^;

IMG_0201 IMG_0202

 

直島からフェリーで宇野港へ。

こちらもアート作品がたくさんありました。

IMG_0203 IMG_0204 IMG_0205

 

長かったsora旅2019はこれで終わり。。。

4人での縄文杉やキャンプ、すごい思い出となりました。

屋久島の自然、直島のアートを今後の設計に、しっかり活かしたいと思います!

 

家を建てる。

家を建てる   -計画-

 

こんにちは、デザイナーのatsuです。

家を建てるというのは、人生で1回、多くても2回という方がほとんどですよね。

事務所に来るクライアントさんの多くは30代で、20代という若い方もおりますが、

わたくしはお金がなかったのと、できる限り理想の家を建てたいと考えていたら、

いつの間にかこんな年齢に^^;

40代半ばとなってしまいましたが、ようやくはじめての『家づくり』となりました^^;

建築が大好きな外構デザイナーからみた理想的な家づくりを、

これから家を計画する方に、少しでもアドバイスが出来たらと考えております^^/

さて、家を建てるには、土地、建物、外構、庭、インテリアなど、

いろいろと考える事が多いと思います。

この中だと、建築会社や間取りなど、建物を一番重要視する方が多いとは思いますが、

私は土地選びが一番重要だと考えています。

というか、土地がすべてと言っても過言ではないかと。。。

ちなみに私はのんびりと土地探しを始めて、3年以上もかかってしまいました^^;

坪単価が高い土地は良い土地というのではなく、

自分が思い描いてる環境に近い土地がその人にとって最良の土地だと思ってます。

それは十人十色で人それぞれ。。。

ちなみに私の理想の土地は、高木がたくさんある別荘地のような土地なのですが、

今回は両親も同居というところから、最低限の生活には困らない静かな土地。

そしてそれ以外に自分がこだわったのが、

 

・横長の土地

・北リビング・北庭が設計できる土地

・傾斜地で眺望(借景)が良い土地。

・静かな土地で庭には目隠しなどなくても過ごせる土地。

 

なかなか条件に合う理想の土地が見つかりませんでしたが、

3年かけてようやく見つかったのがこの土地♪

IMG_3391 IMG_3389 IMG_3390

 

つくば一等地の「学園の森」あたりと比べると、土地の坪単価は1/5くらい^^;

ちなみに100坪くらいあるのですが、この土地を購入した総額で、

世田谷や港区の高級住宅街を買おうと思ったら、1坪も買えませんでした(笑)

それでも私にとっては学園の森より都内の高級住宅街より何倍も価値ある魅力的な土地^^

高台の傾斜地となっており、北側に広がる田んぼとの高低差は約3m。

その土地へ行き、理想の家を建てられるか、実際に暮らした時のイメージなどを

その場所でしっかりと想像することがすごく大事です。

実際にこの土地を見に行った時も、現場でいろいろと想像をして決めました。。。

横長の土地(26m)を有効に使った平屋の建物、

北側の傾斜したところからは、開放感のあるお風呂と大きなデッキを張り出して、

景色を眺めながらお風呂に浸かり、その後デッキに出てビールを1杯♪

人気が全くないので、静かに鳥の囀りを聴きながら直にデッキに座り日本酒も良いな〜♪

そんな想像をして一人で盛り上がり、この土地を即決で決めてしまいました^^;

勢いも大事ですからね^^;

他にもこの土地を決めた理由に北側にリビングを配置できるという点です^^

私は、眩しいくらい明るい南側のリビングより、

直射日光の入らない落ち着いた北側リビングが好き♪

北側は暗いというイメージを持たれてる方はとても多いとは思いますが、

南側に採光をしっかりとったりすれば、下の画像のように意外と明るいんですよ!

07 06 08

※画像はネットからお借りしました(すべて北側リビング画像)

 

日本は湿気があるからなのか、ほとんどの方は南側リビングが常識と考えてますが、

こんな暑い日本の夏は、暑すぎて南側のリビングでなんか快適に過ごせません。

特に最近の家は軒もないので、陽射しが入り込みカーテンも閉めがちになります。

でも、北側リビングなら窓やカーテンを全開にしても直接陽射しは入ってきません。

湿気に関しても、今の住宅は性能が優れてますし、24時間換気されているので、

ちゃんと風の通りや採光を考えて設計すれば、メリットはたくさんあるのです。

部屋から見える外の景色は順光になるので、空が青く景色も綺麗に見えます。

南側リビングだと眩しいし、逆光となるので庭を綺麗に眺めませんよね。。。

事務所のモデルガーデンも北面に造られているのできれいに見えてると思います。

IMG_1963 IMG_1964 IMG_1965

 

また家具やフローリングなども日焼けしづらいですし、

安定した陽射しのなか、落ち着いた空間で日中を過ごすことが出来ます。

それと南側にデッキだと、一番過ごしたい季節は熱いし暑くて、

日よけをつけたとしてもデッキになんか出れませんよね^^;

ヨーロッパでは、北リビングの方が人気という話も聞いたことがあります。

もちろん、ヨーロッパと日本では気候や環境などが異なりますが、

『リビング=南向き』という変な固定概念は一度捨てて、

お互いのメリットデメリットをしっかり調べて、

どちらが自分達に合っているのか、好みなのかを検討するのが大事だと思います。

こういう事も含め、土地選びが一番重要ではないかなと思うのです。

理想の家や間取りがあっても、土地によってはそれが出来ませんからね…^^

 

旧岩崎庭園+建築資料館

こんにちは、デザイナーのatsuです。

昨日は天気が良かったので、

不忍池近くにある『旧岩崎邸庭園』に行ってきました^^/

当時は15000坪の敷地に20棟の建物があったようですが、

現在は1/3の敷地となり、

洋館・撞球室・和館の3棟のみが残っているようです。

ジョサイア・コンドル設計の洋館は、

1896年に完成したようなので、なんと築123年!!

撞球室はスイスの山小屋風になっており、

洋館へと続く地下通路もあるようで驚きました^^;(非公開)

IMG_3435 IMG_3436 IMG_3437

IMG_3438 IMG_3439 IMG_3440

 

旧岩崎庭園の隣にある文化庁『国立近現代建築資料館』

こちらでは『安藤忠雄—初期建築原図展-個の自立と対話』

開催されています。

住吉の長屋、六甲の集合住宅、光の教会、大淀のアトリエなど、

1990年頃までの手描きの図面やスケッチが展示してありました。

IMG_3441 IMG_3442 IMG_3443

ご褒美…

こんにちは、デザイナーのatsuです。

仕事が大好きな私ですが、

ここ最近は自分でも、ほんとよく仕事をしているなぁって思う…

だから、ちょっとだけ自分にご褒美…^^

久しぶりに訪問できて、愉しい時間を過ごすことができたので、

今日からまた、仕事を頑張っていこうと思います!!

IMG_2340 IMG_9441

美味しいうどん屋さん♪

こんにちは、デザイナーのatsuです。

うどんかお蕎麦かといったら、迷わず蕎麦なので、

うどんを食べに行くことがあまりない私なのですが、

つくばにある『やまびこ弁天』さんのうどんは、

本当に美味しくて、通いたくなるほど^^;

酒粕うどんと牛すじうどんが看板メニューですが、

夏はやっぱし冷やしぶっかけもおすすめ^^/

通常より細く、ラーメンに似た麺なのですが、

(例えが下手ですいません。。。)

これがもちもちツルツルで本当に絶品なのです♪

いつもは『梅干しぶっかけ』を注文するのですが、

昨日は体力つける為、梅干し肉ぶっかけを注文^^;

平日でも行列ができますが、

並んでも食べに行く価値はあると思うので、

うどん派の方はもちろん、蕎麦派の方にも是非一度、

食べてもらいたいうどん屋さんです^^/

IMG_2276

 

クリムト展 + 時代-写真展-

こんにちは、デザイナーのatsuです。

東京都美術館で開催されている『クリムト展』に行ってきました^^

グスタフ・クリムトはウィーンを代表する画家の一人。

没後100年を記念する今回の展覧会は、日本では過去最大のようです。

色彩が独特で、色の使い方などがとても素敵な作品が多く、

引き込まれるように見入ってしまいました。

19世紀に欧州で日本の美術『ジャポニスム』が流行りましたが、

クリムトもこの影響を受けたようで、

その影響を受けた作品が数多く展示されてます。

今回は代表作『接吻』はありませんが、『女の三世代』など、

とても素敵な作品が数多く展示してありますのでオススメです^^/

IMG_2191 IMG_2190 IMG_3742

 

そのあとは『上野の森美術館』に移動。

こちらの美術館では、『時代 立木義浩-写真展-』が開催されています。

著名人の写真やいろんな国で撮影したスナップ写真。

昔のなつかしい時代のものから現代の写真まで数多く展示されており、

思わず笑ってしまう若い頃の芸能人の写真もたくさんあり、

写真に興味がない方でも昔の思い出が蘇って楽しい時間となると思います。

IMG_2195 IMG_2198

 

いろいろと刺激をいただいて、素敵な休日となりました…^^

 

セレブなメダカたち

こんにちは、デザイナーのatsuです。

等々力の現場帰りに、二子玉川に寄り道をしてきました。

山手線沿線より西には、あまり行く事がないのですが、

さすがおしゃれな街『二子玉川』は違いますね〜^^;

街はもちろんですが、人もみんなおしゃれに見える(笑)

おしゃれなお店も多く、デザインの勉強になります♪

また、駅近くにある『二子玉川ライズ』の4.5Fの屋上には、

ビオトープもあって、noriさんも私もテンションup!

水質も徹底的に管理されていて、透明度もかなり高く、

池にいるメダカ達の優雅に泳ぐ姿からは、

セレブ感まで伝わってきました(笑)

この日はお互い直帰ということもあったので、

駅近の『RIGOLETTO spice market』でお疲れさまの1杯♪

IMG_1950 IMG_1951 IMG_1954

 

駅に向かう帰りの道中。

お花屋さんで奥様にプレゼントを購入中のnoriさん。。。

noriさんは記念日とかではなくても、たまにお花を買ってプレゼントしています。

すごい素敵な事だとは思いますが、

私の勝手な憶測ですと、前日の夜中に冷蔵庫をあさってしまい、

美味しいものを一人で食べちゃった時に、買って帰ってるんだと思います(笑)

IMG_1955

– 京都一人旅 –

こんにちは、デザイナーのatsuです。

土曜日の仕事を定時で切り上げて、そのまま京都へと向かいました♪

予定では、京都→指宿→屋久島→直島とまわる研修だったのですが、

京都に向かう道中で、屋久島が50年に1度の大雨で土砂崩れが発生し、

登山客数百人が孤立しているというニュースが飛び込んできました。

すぐに現地のツアーガイドと連絡を取り合って話し合いをした結果、

残念ながら、屋久島行きは7月に延期をすることに…

という事で向かってしまった京都を1日だけ楽しんでまいりました。

今回、京都で宿泊を予約していたのは、『 ENSO ANGO TOMI  Ⅰ 』

ENSO ANGOは5棟あり、それぞれスタイルの違うホテルとなってます。

部屋の外には小さな和庭があり、明るく癒される空間でした^^

欲を言えば、小川を流してもらって水の音が聞けたら最高でしたね…

IMG_2000 IMG_2001 IMG_2002

朝食は1ブロック隣にあるENSO ANGO TOMI  Ⅱ の『富小路通SALON』

築80年の京町家で朝から体に優しい和定食♪

食べている間は、今後はアルコールを辞めて、素朴で体に優しい食事を、

毎日心がけようと思いながら食べてましたが、

数時間後にはもうその気持ちはどっかにいってしまってました^^;

IMG_2003 IMG_2004 IMG_2005

IMG_2006 IMG_2007 IMG_2008

今回予定していた場所が全て離れているというのと、日曜日ということもあったので、

今回は贅沢にタクシーを貸し切りにしました^^;

一見、高級なハイヤーのように見えますが、実はかなり良心的な金額で貸切となりました。

IMG_2050

 

 

『酬恩庵 一休寺』

最初に向かったのは、ご存知一休禅師のお寺『一休寺』

2018年秋のJR東海「そうだ京都、行こう!」に使われて有名になりましたね。

『参道』の青もみじは晴れていたおかげもあり圧巻でした!

IMG_2030 IMG_2031 IMG_2032

石川丈山、松花堂昭乗、佐川田喜六昌俊の3名合作といわれる庭。

南庭はサツキと白砂、東庭は十六羅漢の庭、北は蓬莱庭園の三面庭となっています。

IMG_2033 IMG_2034 IMG_2035

IMG_2036 IMG_2037 IMG_2038

有名なあれですね(笑) この立て札だけ後から設置した感が丸出しでしたが、

ちゃんと橋の真ん中を歩いて渡らせていただきました(笑)

IMG_2039 IMG_2040 IMG_2041

 

 

『直指庵(じきしあん)』

嵐山の大覚寺からさらに奥に入ったところにある直指庵。

ドライバーの橋本さん曰く、ほとんど観光客は来ないところだそうです。

橋本さんも何十年ぶりと言っていた直指庵ですが、

なんと従業員が怪我の為、門が閉まっておりました^^;

お庭見学をしたかったですが、こればっかりは仕方ありませんね^^

早く元気になってもらい、またの機会に訪問させていただきたいと思います。

IMG_2050 IMG_2051 IMG_2052

直指庵の目の前に旅館なのか老人ホームなのかわかりませんが建設中の建物があり、

ちょうど池や小川の工事をしているところでした。。。

IMG_2053

 

 

『白沙村荘』

銀閣寺近くにある白沙村荘は日本画家・橋本関雪の邸宅です。

画家ではありますが、建物の基本設計や庭も全て自身で行い、

作庭家としても高く評価されていたそうです。

お庭は桂離宮をコンパクトにまとめたような感じの素敵なお庭でした^^

IMG_2060 IMG_2061 IMG_2062

IMG_2063 IMG_2064 IMG_2065

IMG_2066 IMG_2067 IMG_2068

 

 

『月心寺』

こちらのお寺は京都ではなく、京都と県境にある滋賀県のお寺です。

30年以上のベテランタクシードライバーさんも、

一度も連れてきた事もなければ、自身も行った事がないと言っておりました^^;

「追分走井の庭園、景の中にくわしく意をふくみたるすがた」と

江戸時代中期の『築山庭造伝』にも紹介されている名庭で、

相阿弥の作庭と言われているそうです。

小野小町の百歳の姿をあらわしたとされる百歳像を安置した百歳堂や、

松尾芭蕉の「大津絵の筆のはじめは何仏」という句碑も立っています。

一般公開は土日のみで、建物内で蕎麦をいただく事ができます。

いろいろお話するのが好きな店主で、ここの歴史をたくさん聞く事が出来ました^^

メニューにビールがなかったので、「ビールはないですよね?」っと聞いたら、

缶ビールならありますよって出してくれ、葡萄もサービスでいただきました^^/

IMG_2070 IMG_2072 IMG_2071

IMG_2073 IMG_2074 IMG_2075

IMG_2076 IMG_2077 IMG_2078

IMG_2079 IMG_2080 IMG_2081

IMG_2082 IMG_2083 IMG_2084

 

 

『京都醸造』

クラフトビール好きなら絶対外せないクラフトビール専門店の『京都醸造』

国籍が違う3人の外国人が京都で始めた専門店です。

自分たちが飲みたいビールを作ろうと、

アメリカとベルギービールをベースに、常に新しい商品を造り続けています。

工場併設のタップルームは、12:00〜18:00まで土日のみ営業しているそうです。

この日も、店内・外とも外国人を中心にビール好きの人達で賑わっておりました^^;

IMG_2100 IMG_2101

 

 

今回、掲載した写真を見てもらうとわかると思いますが、

京都醸造以外の写真には、人が全く映っていないのがわかると思います。

日曜日だというのに、酬恩庵では1人、白沙村荘では女性2人組みの1組、

そして月心寺に限っては、誰一人訪れませんでした^^;

帰りに、祇園にある『京都祇園 あのん』さんに寄り道をしたのですが、

こちらはさすがに日曜日の繁華街という事で歩道には人だらけ^^;

有名な寺院などは人でごった返してましたが、

今回行った場所や、前回行った『無鄰菴』などは穴場でオススメですよ!

 

(祝) ☆ 獲得 !!

こんにちは、デザイナーのatsuです。

常連客では全くないのですが、移転前の1丁目にあった頃からお気に入りで、

何度か訪問させてもらっている『銀座 凛 にしむら』。

なんと今回ミシュランガイド東京2019で初めて☆を獲得しました♪

ミシュランで星を獲得したお店に行く事はたまにありましたが、

お気に入りだったお店が、ミシュランを獲得したのは今回が初めて^^

なので、自分がもらったわけではないのに、なんだか嬉しいですね^^;

昨日は久しぶりに訪問させていただきましたが、

星を獲っても、いつも通りの気さくな大将で、美味しい料理を愉しみました。

IMG_1922

『大手町の森』

こんにちは、デザイナーのatsuです。

東京・大手町に素敵な森があるのはご存じでしょうか?

大手町タワー1Fにある『大手町の森』

人工的に造られた、たんなる緑の空間ではなく、

できる限り自然に近い本物の森を再現したこの空間。

複数の森を調査して、千葉県君津市に仮施工をし、

そこで約3年間さまざまな調査や検証をして、

この大手町にそのまま移植して造ったそうです^^/

とても癒される時間を過ごせたので、

まだ行ったことない人には、お勧めの場所です !!

IMG_2911 IMG_2910 IMG_2912

 

大手町タワーにはみずほ銀行と『アマン東京』が入ってますが、

そのアマン東京のカフェがこの大手町の森の中にあります。

IMG_2909 IMG_2903 IMG_2895

 

新緑の葉の間から差し込む日射し。

この時期なら、外のテラスで食事をしても気持ちいいですね♪

IMG_1899 IMG_2896 IMG_2900

 

大手町タワーの中も緑が多くて素敵な空間でした。

働いている人全員がとてもエリートに見えましたね(笑)

IMG_2906 IMG_2907 IMG_2904

1 2 3 4 5 6 7 8 9 29