モノローグ | 茨城県と千葉県流山市周辺の外構・お庭は【そらにわ】

sora+旅 -2019- ①

sora+旅 -2019- ( 1日目)

 

なかなか梅雨が明けず、太陽がとっても恋しいわたくし^^;

さて、5月に行く予定だったsora+旅は、

記録的豪雨と土砂崩れにより延期となってしまいましたが、

今月ようやく実行する事が出来ました^^/

そんな『sora+旅 -2019-』のスタートは『岡山』

ちなみに今回の旅では、最初と最後が一人旅となっており、

旅の途中でnoriさんと合流しました^^

 

【倉敷美観地区】

佐原の町並みにも少し似ていますが、倉敷は白壁となまこ壁の建物が特徴。

倉敷川沿いに柳並木も風情があって素敵ですが、土日の観光地はやっぱり混雑しますね。。。

IMG_2637 IMG_2636 IMG_2638

IMG_2641 IMG_2640 IMG_2639

 

大原美術館から今橋を渡った目の前にある『旧大原家住宅』

敷地内が一つの小さな町並みのような感じとなっていました。

IMG_2642 IMG_2643 IMG_2644

IMG_2645 IMG_2646 IMG_2647

 

離れの座敷には日本庭園。

7代目自ら作庭したらしく、ここでお茶を愉しんでいたそうです。

IMG_2648 IMG_2649 IMG_2650

 

【後楽園】

日本三名園の一つで、ミシュラングリーンガイドでも3つ星の『後楽園』

三名園の中で唯一行ったことがなかったので、念願の後楽園♪

IMG_2651 IMG_2652 IMG_2653

IMG_2654 IMG_2655 IMG_2656

 

【岡山城】

発掘で見つかった当時のままの石垣。昔の人は本当にすごい^^;

IMG_2657 IMG_2658 IMG_2659

 

【吉備津神社】

廻廊がとても有名なこちらの神社ですが、全長はなんと360mもあるそうです。

学問・芸能の神様もお祭りしており、頭が良くなるようにお参りしてきました(笑)

IMG_2660 IMG_2661 IMG_2662

 

岡山を一日満喫し、夜に熊本まで移動して1日目は終了♪

 

つづく。

sora+旅 -2019- ②

sora+旅 -2019- ( 2日目)

 

久しぶりに晴れて、sora+旅2日目は良い天気に^^/

一週間前から、ずっと天気予報を気にして過ごしていたのですが、

予報ではこの日だけが晴れで、そのほかの日は全て雨予報の旅…

雨は嫌いではないので良いんですけどね…^^;

さて、昨年の9月に来た時はまだ工事中だった『熊本駅』でしたが、

完成して綺麗な駅に生まれ変わっていました^^

熊本城の色と石垣のラインをイメージして設計したのでしょうかね…

ちなみにこの駅舎の設計は、建築家の安藤忠雄さんです^^

IMG_2741

 

熊本駅から鹿児島中央駅までは、九州新幹線を使うと約45分。

ただ私の好きな旅は、

飛行機や新幹線などであっと言う間に目的地に行くよりも、

のんびりと列車に乗って、目的地までの道中も愉しむ旅の方が好み。

ということで今回は、鹿児島までは新幹線を使わず、

山の中を通る列車を利用し、鹿児島へ向かうことにしました^^/

幼少期はL特急やブルートレインなどの鉄道が大好きだった少年^^;

この日だけは幼少期に戻り、写真をたくさん撮りまくりました(笑)

まず、熊本駅から吉松駅までは『特急いさぶろう・しんぺい』

IMG_2742 IMG_2743 IMG_2744

 

この電車は、大畑 (おこば)駅や真幸(まさき)駅などに停車し、

駅をゆっくり見学したり写真撮影をする時間を設けてあります。

大畑駅では待合室の壁はたくさんの名刺が貼られており、

ここに貼ると出世すると言われているそうです。

真幸駅は名前の通り『真の幸せ』と書くことから人気の駅だそうですよ。

また、このルートは『日本三大車窓』やスイッチバックなど見所満載。

霧島連山や、桜島を望める絶景ポイントは最高でした♪

IMG_2745 IMG_2746 IMG_2747

 

一人でのんびり列車の旅。。。

この日の為にairpodsと青春時代に聞いた懐かしsongをたくさん購入♪

『心の旅』『歌えなかったラブソング』が流れてきた時は、

なんか自分の人生を振り返って思い出に浸ってしまいましたね(笑)

IMG_2748

 

吉松駅から鹿児島中央駅までは『特急はやとの風』に乗り換え。

こちらは漆黒の列車で、クルーズトレインの『ななつ星』似の列車です。

ちなみに今回の列車ルートは、そのななつ星も通るルートです^^/

IMG_2749 IMG_2750 IMG_2751

 

駅に到着後、真っ先に向かったのが『仙巌園』

こちらは、19代島津光久によって築かれた薩摩藩主島津家の別邸で、

あまり知られてませんが、反射炉跡などは世界文化遺産に登録されています。

IMG_2761 IMG_2762 IMG_2763

 

庭園はいろんな要素を取り入れた庭になっており、

池は錦江湾を見立てて造られたようです。

獅子乗大石灯篭など大きな灯篭がたくさんあるのも特徴ですね。

IMG_2764 IMG_2765 IMG_2766

IMG_2767 IMG_2768 IMG_2769

IMG_2770 IMG_2771 IMG_2772

 

1958年に建てられた御殿。迎賓館としても使われていたそうです。

IMG_2773 IMG_2774 IMG_2775

 

中庭にも池があります。池の中の八角形のくぼみは中国文化の影響らしいです。

IMG_2776 IMG_2777 IMG_2778

IMG_2779 IMG_2781 IMG_2780

 

釘隠と呼ばれる釘を隠すための飾り。いろんな種類のものがありました。

また、居間や寝室、お風呂場なども見学出来て、当時の生活が伝わってきます。

IMG_2784 IMG_2785 IMG_2816

 

夕方に鹿児島でようやくnoriさんと合流!

鹿児島に行ったらどうしても元祖しろくまを食べたいとの事で、

食事の前に『天文館むじゃき』でかき氷^^;

その後、ハンバーガーとクラフトビールの店で食事しました。

IMG_2851 IMG_2852 IMG_2853

 

テーブルにあるかき氷の数が人数分以上あり、

noriさん食べ過ぎ!と思った方もたくさんいたと思いますが、

実は今回の研修。

仕事でたいへんお世話になっているお2人も参加してくださいました。

こちらの3人は、フェリーで桜島に行ったり、かごしま水族館に行ったりと、

写真でもわかるように、日中は鹿児島を満喫していたようです^^;

IMG_2854 IMG_2855 IMG_2856

 

左上写真、右からデラさんとサダさん。

IMG_2857 IMG_2858-2 IMG_2859

 

西郷どんとnoriどん。。。考えてみると2人の顔や体格が似てますね(笑)

IMG_2860

 

もともとは、鹿児島で3人と合流する予定ではなかったため、

この日の宿泊ホテルや、明日朝一の移動手段は別行動…

3人とは食事の後に一旦別れて、

コンビニでビールとサラダを買ってホテルに戻ったのですが、

この後部屋でまさかあんなことになるとは!!

 

つづく。

sora+旅 -2019- ③

sora+旅 -2019- ( 3日目)

 

もともと水分をあまりとらない私。。。

2日目は、小さいペットボトルのお茶を半分くらいしか飲まず、

食事も全くしないまま、夜に3人と合流。

たくさんのビールとハンバーガーを食べて楽しんだ後、

部屋に戻ってしばらくすると、急に気分が悪くなり、

朝まで何十回もトイレで、もどしてしまい一睡もできず。。。

体調の悪さと屋久島の天気が雨予報ということで、

全く気分が乗らないまま高速船で屋久島へ。。。

途中の海上では前が見えないくらいの豪雨だったので、

これでは雨具を着ても登山は出来ないなぁと思ったんですが、

屋久島に到着したら、なんと雨が降ってなく明るい薄曇り。

テンションが上がって、体調も一気に回復してしまいました^^/

IMG_3826 IMG_2827

 

屋久島空港からレンタカーを借りた3人とここから再び合流♪

本日の目的地は『白谷雲水峡』

途中の道路や道路脇には鹿や猿がふつーに生息していました^^

IMG_3829 IMG_2575 2

 

御歳50歳…お茶目ですよね(笑)  後ろの石積みは入り口付近のトイレ。

IMG_3831 IMG_3830

 

太鼓岩までいよいよ出発ー♪  往復約5時間のコースです^^

IMG_2583

 

研究熱心のデラさん。この旅でトータル何枚撮影したんだろう…

銀塩時代だったら、フィルムと現像代で10万以上かかっただろうな^^;

IMG_3834 IMG_0220

 

一代目の切り株の上に種子が落下して、そこから発芽生育した杉を二代杉と言います。

屋久島には、このような杉がたくさん見られました。

IMG_3835

 

さつき吊り橋までは約20分。この先からは未舗装となってます。

IMG_2836

 

こちらはくぐり杉。

倒木の上に杉が育ち、その倒木が朽ちてなくなり空洞になります。

IMG_2609

 

白谷小屋付近で一旦休憩。ガーデンセラピー1級のnoriさんは、

瞑想して森林セレピーを実際に感じているところらしいです^^;

IMG_2607 L1100344

 

上部で大きく枝分かれしている七本杉

IMG_3842

 

出発時は晴れていたのですが、途中から雨とカミナリでちょっと怖かった^^;

L1100325 IMG_2653

 

もののけ姫のモデルとなった苔むすの森。

写真では上手く伝たわらないですが、すごく幻想的な世界でした^^/

IMG_3843 IMG_3844

 

今回の旅で生命のたくましさをいっぱい実感してきました。。。

IMG_3846 IMG_3847

IMG_3845 IMG_3850

IMG_3851 IMG_3849

IMG_0047 IMG_0049 IMG_0050

IMG_2602 IMG_2608 IMG_2644

 

途中で雨も止み、予定どおり約2時間半で目的地の太鼓岩に到着♪

太鼓岩に登ってみると、一面が雲海?霧海?で全員大興奮!!

IMG_3853 IMG_3852

 

5分後… 雲がだんだんなくなり、山が出現して、美しい景色にまたまた感動!!

L1100320 L1100321

 

屋久杉パワーを注入中(笑)

IMG_3857jpg

 

無事に下山して本日の登山は終了^^/

前日は全く睡眠できなかったので、けっこうハードでした^^;

IMG_2655

 

帰りの道中、『やくしま果鈴 山のおやつ工房』さんに寄り道をして、

屋久島の名産を使った『屋久島たんかんスムージー♪』

L1100323

 

宿にチェックイン後、近くの『じいじ家』さんで夕食^^

明日はホテルを朝の4時に出発して、いよいよ『縄文杉』でーす♪

IMG_2570 3

 

つづく。

sora+旅 -2019- ④

sora+旅 -2019- ( 4日目)

 

3時半起床。

前日の夜までは、雨マークのみだった今日の天気予報…

ただ今回の旅では、ことごとく天気予報がはずれてるので、

少しだけそれを期待して、予定通りにホテルを出発。

あたりは真っ暗でしたが、空にはなぜか綺麗な満月。

ひょっとしたら晴れるんじゃないかと期待が膨らんでいく中、

車は10分ほどで『屋久杉自然館』に到着。

ここからはシャトルバスに乗り『荒川登山口』まで40分。

荒川登山口に到着すると、あたりは少し明るくなっており、

バスを降りてすぐに空を見上げてみると、まさかまさかの晴れ♪

天気予報がこれだけはずれるのも珍しい^^;

さて、本日の登山ルートは、1本道を往復するため、

ガイドツアーに参加しなくても登ることは可能なのですが、

屋久島の魅力を色々と知りたいと思い、

我々4人のみの「プライベートツアー」に申し込みをしました。

お願いしたのは、『屋久島ガイド山好き』の木下さん。

登山中、いろんなガイドさんとすれ違うのですが、

「木下さんで良かった」と4人とも思った素敵な方でした^^/

IMG_1140

 

緑のトロッコ列車。今も現役で活躍してるそうです^^;

IMG_1141

 

出発地点で記念撮影。10時間後笑顔で戻って来れますように…

_DSF1655

 

今回のルートで唯一のトンネル。雰囲気がありますね^^

_DSF8604

 

縄文杉までは片道5時間。そのうちの3時間は線路の上を歩きます。

IMG_1144 IMG_1145

 

心の中で、Ben E Kingの『スタンド・バイ・ミー』歌ってました(笑)

_DSF8607 IMG_1147

 

途中には橋がいくつかあります。

実はnoriさん、真ん中の歩道用の板を、重さ?で破壊^^;

IMG_1148 IMG_1149

 

学校の跡地。こんなところにも昔は学校があったんですね。

グランドもそのまま残ってました^^

IMG_1150 IMG_1151

 

朝日が眩しくが木漏れ日がとても幻想的な空間♪

IMG_1152 IMG_1153 IMG_1154

 

【三代杉】一代目の倒木の上に、二代目が育ち、二代目の切株の上に三代目が育っています。

このあたりから、4人での撮影時はだいたいnoriさんは座っています(笑)

_DSF8610 IMG_1156

 

写真1枚1枚がアートになりますね^^

IMG_1157 IMG_1158 IMG_1159

 

3時間のトロッコ道を終え、ここから2時間は山登り。。。

IMG_1160 _DSF8616

 

ね、座ってるでしょ(笑)

_DSF 8611

 

【ウィルソン株】現存していれば、最大級の屋久杉。

この切り株の中に入って、ある位置から上を見上げてみると…

IMG_1163 _DSF8614 _DSF8613

 

縄文杉の手前で早めのランチタイム。

前日に注文し、出発前にホテルで受け取ったお弁当。

ガイドの木下さんがお味噌汁を用意してくれました(感謝)

IMG_1167 IMG_1168

 

【大王杉】縄文杉が発見される前までは、最高樹齢だったようです。

_DSF8618

 

【夫婦杉】3m程離れた2本の巨木の枝が10m程の高さでつながっています。

この夫婦杉を過ぎると、いよいよ『世界自然遺産区域』に入ります♪

_DSF8620 _DSF8628

 

世界自然遺産地域は屋久島全体の20%程しかありません。

自然遺産地域内には、面白い形の木がたくさんありました^^

IMG_1172 IMG_1173

 

そして、出発してから約5時間!

ようやく我々の前に姿をあらわした『縄文杉』!!!

この大きさには、ただただ圧巻。。。

写真ではその大きさがうまく伝わらないので残念。。。

合体した木ではなく、一つの木でこの大きさらしく、

幹周りは、なんと16m以上だそうです。。。

_DSF2688 IMG_1175 IMG_1176

 

4人で縄文杉をバックに記念撮影!

その後noriさんは、縄文杉の目の前で気持ち良く昼寝…さすがです(笑)

_DSF8622 IMG_1178

 

帰りは、大株歩道入口まで一気に下山。残りはトロッコ道の3時間のみ。

さすがのデラさんもかなりの疲労^^;

IMG_1179

 

ゆっくり歩いているように見えますが、

先頭のnoriさんが、まさかまさかの暴走機関車に大変身!

サダさんは時折、小走りして懸命についていってました^^;

_DSF8629

 

三代杉付近で最後の休憩。屋久島の湧き水は軟水のようで、

その湧き水を沸かし、ドリップしたコーヒーでホッとタイム♪

IMG_0091

 

水を沸かす道具、お味噌汁や休憩中のお菓子、

雨が降った時に雨宿りが出来るタープなどの緊急用の道具。

我々より数倍思いリュックを背負って、

いろいろと案内や説明をしていただいた木下さんに感謝^^

IMG_2710

 

無事に荒川登山口に到着。もう1往復できるくらい意外と余裕でした^^;

_DSF8631

 

4人で近くの温泉に行き、さっぱりした後はキャンプ場へ移動。

IMG_2751 IMG_2752

 

まずは、みんなでカンパーイ!! 最高に美味いっ!!

_DSF8634 _DSF8635

 

ホテルには泊まらず、今日はテント泊。

海風がね、めっちゃ気持ちよかった〜♪

IMG_2755 IMG_2756 IMG_2757

 

この日のメニューは、夏カレーと焼きそばと焼き肉。

飯盒でお米を炊くのはみんな久しぶりだったので、昔の記憶を頼りに^^;

IMG_2758

 

一般的な野菜の他に、ナス、ゴーヤ、アスパラガス、茹でたコーンをいれた具沢山カレー。

ご飯もびっくりするくらい完璧に炊けていて、めっちゃ美味しいカレーライスとなりました。

IMG_2759 IMG_6438 IMG_8124

 

満月の夜。。。

もしかするとウミガメの産卵が砂浜で見れるのではないかと、

ガイドの木下さんに満潮時間を教えてもらい、近くの栗生海岸へ。

すると『アカウミガメ』がすでに浜に上がっており、

産卵シーンを目の前で見ることが出来ました♪

ピンポン球のような大きさの卵を掘った穴に何十個も産み、

産み終わると、時間をかけて砂をかけて卵を砂の中に埋めてました。

最後は海に帰っていくウミガメを見学者全員で見送って終了。。。

暗くて、ウミガメが泣いているかは確認が出来ませんでしたが、

感動の瞬間に立ち会うことが出来ました^^/

その後キャンプ場に戻り、木下さんに用意していただいたギターで、

『noriさんの弾き語り』の予定でしたが、

急に雨が強く降り出したため、キャンプ道具をテントにしまいこんで、

弾き語りと、夜中に行く予定だった『湯泊温泉』は中止となりました。

それでも最高の1日、最高の旅になったのは間違いありません^^/

IMG_6099 yu--7134

 

明日は屋久島最終日です。。。

つづく。

sora+旅 -2019- ⑤

sora+旅 -2019- ( 5日目)

 

台風が近づいてる事もあり、キャンプの夜から大雨の屋久島。

屋久島最終日は、『ヤクスギランド』に行く予定でしたが、

天気予報も雨なので、車で島一周しようと4人で決めて就寝。

しかし、朝になり外を見てみると、

またまた予報とは正反対の晴れ。しかもきれいな虹が♪

みんなで急いで朝食を食べて、

もともと予定していた『ヤクスギランド』へ予定再変更^^/

IMG_2823

 

【紀元杉】

屋久島で唯一、車で訪れることができる屋久杉です。

縄文杉は見たいけど、10時間歩くのは無理という方でも、

駐車場の目の前にあるので楽に見ることが出来ます^^

縄文杉より近くで見れるので、迫力はこっちが上かも⁉︎

IMG_3002 IMG_3001

 

サダさんと比較すると、どれだけ大きいかがわかりますね^^;

IMG_3003

 

【ヤクスギランド】

ジーンズでもまわれるふれあいの径(30分)コース。

IMG_3005 IMG_3007 IMG_3017

 

今さらですが、屋久杉とは樹齢1000年以上の杉の事をいい、

1000年未満の杉は、どんなに立派でもただの杉だそうです^^;

IMG_3006 IMG_3010 IMG_3011

IMG_3012 IMG_3013 IMG_3014

IMG_3015 IMG_3016 IMG_3018

 

石積みの壁が素敵で思わず寄り道(屋久島メッセンジャー)

IMG_3826

 

お店のスタッフに話を聞くと、建物の設計は『堀部安嗣』氏。

素敵なはずですね^^;  石積みの石は現地で採掘された石のようで、

地元のお年寄りが石割りを手伝ってくれたようです^^;

IMG_3823 IMG_3824

 

『屋久旅』もそろそろおわり。。。

今回の旅では、デラさんとサダさんに全ての運転をしてもらい感謝。

IMG_4823 IMG_4824

 

めちゃくちゃ楽しく、充実した『男4人旅』となりました。

帰りの新幹線では、みんな写真を見て旅を振り返っていました^^

IMG_4825

 

3人とは博多駅で別れ、私はもう1日だけ寄り道して帰ります^^;

向かったのは『直島』  すっかり夜になってしまいましたが、

岡山駅から宇野に向かい、そこからフェリーで直島に入ります。

IMG_4826

 

つづく。

sora+旅 -2019- ⑥

sora+旅 -2019- ( 最終日)

 

今回の旅では、テント泊以外はすべてビジネスホテルでしたが、

最終日の直島だけはちょっと贅沢に、『ベネッセハウス』に宿泊。

安藤建築では数少ない木造建築です^^/

IMG_0128 IMG_0127

 

アートの島『直島』なので、photoshopやright roomを使ってアート写真風に^^;

IMG_0129-1 IMG_0129-2 IMG_0129-3

 

宿泊施設の中はちょっとしたミュージアムになってます。

安藤さんらしい設計ですね^^

IMG_0133 IMG_0134 IMG_0135

IMG_0137 IMG_0136 IMG_0138

 

ホテルの中だけではなく、お庭にも作品がたくさん展示してあります。

普段通り4時に目が覚めてしまったので、お庭を早朝散歩^^;

おじいちゃん級の目覚めの早さですね(笑)

IMG_0143 IMG_0144 IMG_0145

IMG_0146 IMG_0151 IMG_0148

IMG_0149 IMG_0150 IMG_0147

 

草間彌生さんの『南瓜』

こちらの黄色かぼちゃは、ホテルから歩いて5分のところにあります。

朝早いので、当然誰もいませんでした^^;

IMG_0152 IMG_0153 IMG_0154

 

瀬戸内の海というだけでお洒落に見えてしまいますね^^

IMG_0155 IMG_0156

 

部屋に戻り、ホテルの朝食。

散歩したせいかお腹が空いていてたくさんおかわりしてしまった^^

IMG_0141

 

『ベネッセハウスミュージアム』

こちらのミュージアムは、宿泊者は無料で見学を出来ます。

IMG_0157 IMG_0159 IMG_0160

IMG_0161 IMG_0162 IMG_0164

 

海岸の砂浜の色がすごく特徴的で綺麗でした。

マウンテンバイクを借りて、島を一周の予定でしたが、

雨だったので、すべての移動を徒歩に変更。

蒸し暑いし、リュックも重かったので、けっこうハードでした^^;

IMG_0165 IMG_0167 IMG_0168

 

『文化大浴場』

歩いている途中にいろいろな作品と遭遇。

こちらの中央にあるジャグジーは入浴可能のようです^^;

IMG_0172 IMG_0170 IMG_0171

 

『李禹煥美術館』

韓国生まれの美術家・李禹煥氏の美術館。

建物は安藤忠雄氏の設計で、直島ではたくさんの安藤氏の作品があります。

IMG_0174 IMG_0179 IMG_0178

 

『地中美術館』

安藤氏の代表作の一つで、地下に建設されてますが、自然光が降り注ぎ、

時間によっても作品の見え方が違うそうです。中の撮影はNGでした。。。

IMG_0184

 

地中美術館の中にも展示されているクロードモネの睡蓮。

モネが愛した睡蓮の池が地中美術館前にも造られてます。

IMG_0180 IMG_0181 IMG_0182

 

ただのゴミ箱のアップ写真ではなく巨大ゴミ箱のアート^^;

IMG_0186 IMG_0185

 

本村エリアまで徒歩で30分^^

このエリアにはたくさんのアートスポットがあります。

見学するためには、『瀬戸内国際芸術祭2019』などのパスポートが必要です。

春、夏、秋の3シーズン開催され、

本日は、『瀬戸内国際芸術祭2019』夏シーズンの初日です^^

IMG_0187 IMG_3457

 

『ANDO MUSEUM』

築100年の古民家に打ちっ放しのコンクリートを取りれた建築

IMG_0188 IMG_0189

 

『家プロジェクト』の南寺(左)と角屋(中央)

右の写真は『妹島和世+西島立衛』のSANAA設計。

FRP製の13個の球を積み上げた駐輪場などを兼ねた船の待合所。

IMG_0190 IMG_0191 IMG_0199

 

The Naoshima Plan 2019 「水」

IMG_0192 IMG_0194 IMG_0193

 

本村地区はいたるところにアートが^^

IMG_0196 IMG_0195 IMG_0197

 

草間彌生さんの『南瓜』

赤かぼちゃは宮浦港ターミナルの近くにあります。

草間彌生さんの黄・赤のかぼちゃキーホルダーは人気商品のようですが、

価格はなんと1,620円!!

めっちゃ高いけど、可愛かったのでお土産に2つ購入してしまった^^;

IMG_0201 IMG_0202

 

直島からフェリーで宇野港へ。

こちらもアート作品がたくさんありました。

IMG_0203 IMG_0204 IMG_0205

 

長かったsora旅2019はこれで終わり。。。

4人での縄文杉やキャンプ、すごい思い出となりました。

屋久島の自然、直島のアートを今後の設計に、しっかり活かしたいと思います!

 

家を建てる。

こんにちは、デザイナーのatsuです。

家を建てるというのは、人生で1回、多くても2回という方がほとんどですよね。

事務所に来るクライアントさんの多くは30代で、20代という若い方もおりますが、

わたくしはお金がなかったのと、できる限り理想の家を建てたいと考えていたら、

いつの間にかこんな年齢に^^;

40代半ばとなってしまいましたが、ようやくはじめての『家づくり』となりました^^;

建築が大好きな外構デザイナーからみた理想的な家づくりを、

これから家を計画する方に、少しでもアドバイスが出来たらと考えております^^/

さて、家を建てるには、土地、建物、外構、庭、インテリアなど、

いろいろと考える事が多いと思います。

この中だと、建築会社や間取りなど、建物を一番重要視する方が多いとは思いますが、

私は土地選びが一番重要だと考えています。

というか、土地がすべてと言っても過言ではないかと。。。

ちなみに私はのんびりと土地探しを始めて、3年以上もかかってしまいました^^;

坪単価が高い土地は良い土地というのではなく、

自分が思い描いてる環境に近い土地がその人にとって最良の土地だと思ってます。

それは十人十色で人それぞれ。。。

ちなみに私の理想の土地は、高木がたくさんある別荘地のような土地なのですが、

今回は両親も同居というところから、最低限の生活には困らない静かな土地。

そしてそれ以外に自分がこだわったのが、

 

・横長の土地

・北リビング・北庭が設計できる土地

・傾斜地で眺望(借景)が良い土地。

・静かな土地で庭には目隠しなどなくても過ごせる土地。

 

なかなか条件に合う理想の土地が見つかりませんでしたが、

3年かけてようやく見つかったのがこの土地♪

IMG_3391 IMG_3389 IMG_3390

 

つくば一等地の「学園の森」あたりと比べると、土地の坪単価は1/5くらい^^;

ちなみに100坪くらいあるのですが、この土地を購入した総額で、

世田谷や港区の高級住宅街を買おうと思ったら、1坪も買えませんでした(笑)

それでも私にとっては学園の森より都内の高級住宅街より何倍も価値ある魅力的な土地^^

高台の傾斜地となっており、北側に広がる田んぼとの高低差は約3m。

その土地へ行き、理想の家を建てられるか、実際に暮らした時のイメージなどを

その場所でしっかりと想像することがすごく大事です。

実際にこの土地を見に行った時も、現場でいろいろと想像をして決めました。。。

横長の土地(26m)を有効に使った平屋の建物、

北側の傾斜したところからは、開放感のあるお風呂と大きなデッキを張り出して、

景色を眺めながらお風呂に浸かり、その後デッキに出てビールを1杯♪

人気が全くないので、静かに鳥の囀りを聴きながら直にデッキに座り日本酒も良いな〜♪

そんな想像をして一人で盛り上がり、この土地を即決で決めてしまいました^^;

勢いも大事ですからね^^;

他にもこの土地を決めた理由に北側にリビングを配置できるという点です^^

私は、眩しいくらい明るい南側のリビングより、

直射日光の入らない落ち着いた北側リビングが好き♪

北側は暗いというイメージを持たれてる方はとても多いとは思いますが、

南側に採光をしっかりとったりすれば、下の画像のように意外と明るいんですよ!

07 06 08

※画像はネットからお借りしました(すべて北側リビング画像)

 

日本は湿気があるからなのか、ほとんどの方は南側リビングが常識と考えてますが、

こんな暑い日本の夏は、暑すぎて南側のリビングでなんか快適に過ごせません。

特に最近の家は軒もないので、陽射しが入り込みカーテンも閉めがちになります。

でも、北側リビングなら窓やカーテンを全開にしても直接陽射しは入ってきません。

湿気に関しても、今の住宅は性能が優れてますし、24時間換気されているので、

ちゃんと風の通りや採光を考えて設計すれば、メリットはたくさんあるのです。

部屋から見える外の景色は順光になるので、空が青く景色も綺麗に見えます。

南側リビングだと眩しいし、逆光となるので庭を綺麗に眺めませんよね。。。

事務所のモデルガーデンも北面に造られているのできれいに見えてると思います。

IMG_1963 IMG_1964 IMG_1965

 

また家具やフローリングなども日焼けしづらいですし、

安定した陽射しのなか、落ち着いた空間で日中を過ごすことが出来ます。

それと南側にデッキだと、一番過ごしたい季節は熱いし暑くて、

日よけをつけたとしてもデッキになんか出れませんよね^^;

ヨーロッパでは、北リビングの方が人気という話も聞いたことがあります。

もちろん、ヨーロッパと日本では気候や環境などが異なりますが、

『リビング=南向き』という変な固定概念は一度捨てて、

お互いのメリットデメリットをしっかり調べて、

どちらが自分達に合っているのか、好みなのかを検討するのが大事だと思います。

こういう事も含め、土地選びが一番重要ではないかなと思うのです。

理想の家や間取りがあっても、土地によってはそれが出来ませんからね…^^

 

旧岩崎庭園+建築資料館

こんにちは、デザイナーのatsuです。

昨日は天気が良かったので、

不忍池近くにある『旧岩崎邸庭園』に行ってきました^^/

当時は15000坪の敷地に20棟の建物があったようですが、

現在は1/3の敷地となり、

洋館・撞球室・和館の3棟のみが残っているようです。

ジョサイア・コンドル設計の洋館は、

1896年に完成したようなので、なんと築123年!!

撞球室はスイスの山小屋風になっており、

洋館へと続く地下通路もあるようで驚きました^^;(非公開)

IMG_3435 IMG_3436 IMG_3437

IMG_3438 IMG_3439 IMG_3440

 

旧岩崎庭園の隣にある文化庁『国立近現代建築資料館』

こちらでは『安藤忠雄—初期建築原図展-個の自立と対話』

開催されています。

住吉の長屋、六甲の集合住宅、光の教会、大淀のアトリエなど、

1990年頃までの手描きの図面やスケッチが展示してありました。

IMG_3441 IMG_3442 IMG_3443

ご褒美…

こんにちは、デザイナーのatsuです。

仕事が大好きな私ですが、

ここ最近は自分でも、ほんとよく仕事をしているなぁって思う…

だから、ちょっとだけ自分にご褒美…^^

久しぶりに訪問できて、愉しい時間を過ごすことができたので、

今日からまた、仕事を頑張っていこうと思います!!

IMG_2340 IMG_9441

美味しいうどん屋さん♪

こんにちは、デザイナーのatsuです。

うどんかお蕎麦かといったら、迷わず蕎麦なので、

うどんを食べに行くことがあまりない私なのですが、

つくばにある『やまびこ弁天』さんのうどんは、

本当に美味しくて、通いたくなるほど^^;

酒粕うどんと牛すじうどんが看板メニューですが、

夏はやっぱし冷やしぶっかけもおすすめ^^/

通常より細く、ラーメンに似た麺なのですが、

(例えが下手ですいません。。。)

これがもちもちツルツルで本当に絶品なのです♪

いつもは『梅干しぶっかけ』を注文するのですが、

昨日は体力つける為、梅干し肉ぶっかけを注文^^;

平日でも行列ができますが、

並んでも食べに行く価値はあると思うので、

うどん派の方はもちろん、蕎麦派の方にも是非一度、

食べてもらいたいうどん屋さんです^^/

IMG_2276

 

1 2 3 4 5 6 7 28