モノローグ | 茨城県と千葉県流山市周辺の外構・お庭は【そらにわ】

水庭 -アートビオトープ那須 –

こんにちは、デザイナーのatsuです。

話題の作品をいち早くみようと、

久しぶりに那須へドライブの旅に出かけてきました^^/

まず真っ先に向かったのが、建築家の石上純也氏が造った水庭

『アート・ビオトープ那須』

コナラ、ブナ、カエデなどを中心に318本の樹木と、

大小160個の池から出来ているランドアート。

もともと水田だった場所らしく、

その隣の敷地にホテルを建てる計画となった為、

そこにあった樹木たちを、水田へ移植したようです。

すごいのは、1本1本すべての樹木を採寸して模型を造り、

枝などが重ならず空が見えるように配置を考えたので、

1日に数本ずつしか移植できない事もあったようです。

 

こちらが入り口

石積みの階段は日本家屋の入り口をイメージして造られました。

L1100010 L1100011 L1100012

池はすべてがパイプで繋がっていて、近くの川から水を引き、

最後はまた川に水が戻るように設計になっているようです。

L1100013 L1100014 L1100015

池の材料はsora-niwa+の事務所前のモデルガーデンと同じ、

ベントナイト系防水シートですかね。透明度もすごくあり、

水面には樹木や空などが映って、とても素敵な空間でした。

L1100016 L1100017 L1100018

見学には宿泊をするか、ツアーに参加が必要で、

今回は『水庭ツアー+ランチ』というツアーに参加しました。

水庭がメインなのでランチは期待してなかったのですが、

ボリュームがあり、どれも美味しくいただきました^^/

L1100047 L1100048 L1100049

カフェ、宿泊施設、工房の中心には小さな中庭があります。

L1100050 L1100051 L1100052

ここでは、水庭ツアーのほかにガラスや陶芸などが体験できたり、

自転車もレンタルしているので1日楽しめそうですね^^/

L1100053 L1100054 L1100055

 

 

続いて訪れたのが、『藤城清治美術館』

『暮しの手帖』だったり、テレビの天気予報だったり。。。

わたしの年代以上の方は懐かしい影絵だと思います。

以前から行きたいと思ってたので、その想いが叶いました^^

L1100056 L1100057 L1100058

駐車場から施設にはいると、こちらも自然たっぷりの空間♪

木々に囲まれた園路を歩くと大きな池や小川も流れてました。

館内は撮影禁止なので写真は撮れませんでしたが、

予想以上に作品が飾られており、見応えたっぷりでした^^/

見たいけど、那須はちょっと遠いという方は、

現在、銀座でも展覧会をやっているようですよ ( 10/10まで )

L1100059 L1100060 L1100061

 

 

帰りは『チーズガーデン』に寄って、チーズを購入。

チーズだけを買う予定がやっぱり甘いものも買ってしまいました^^;

L1100062 L1100063 IMG_5899 2

 

 

とっても充実した1日を過ごすことができました♪

ビオトープは今後100年このままで、

種が飛んできて花が咲いたり、生物がどう住み着くかなど、

経過観察していくそうです。

5年後や10年後、またいろんな季節に訪れて、

変わっていくビオトープを見るのも良いですね^^/