モノローグ | 茨城県と千葉県流山市周辺の外構・お庭は【そらにわ】

atsuの建もの探訪♪ -in軽井沢-

こんにちは、デザイナーのatsuです。

高校時代に部活の合宿で訪れて以来、お気に入りとなった場所『軽井沢』

しばらく行っていないな〜と振り返ってみたら、

最後に訪れたのはなんと10年も前の事でした^^;

『思い立ったが吉日♪』

季節も今がベストシーズンだと思ったので いざ10年ぶりの軽井沢へ〜♪

まず最初に向かったのは、だいぶ昔に話題となった『ハルニレテラス』

10年前に来た時は『石の教会』へは行きましたが、

このハルニレテラスは、まだオープンしていなかった気がします。。。

すでに行ったことがあるという方も多いとは思いますが、

ハルニレテラスは、湯川の清流とハルニレの木々に囲まれた自然の中に、

ウッドデッキが一面に広がっているオシャレな小さな街空間。

実際に行ってみると、口コミどおりのとても素敵な空間ではありましたが、

予想以上に人が多くて、そこはちょっと残念ではありました^^;

L1090201 L1090202 L1090203

L1090209 L1090208 L1090203

 

 

食事は敷地内にある『川上庵』のテラスでお蕎麦とビール。

この日の気温は30度超の真夏日だったのでビールは必須でした^^;

お蕎麦は信州名物の「クルミだれ蕎麦」を注文しましたが、

以前に上田へ研修に行った時に、サンバレンティノの緑川代表に

紹介してもらった『草笛』の方が個人的には好みかな。。。

L1090204 L1090205 L1090205

 

 

天気も良かったので、ハルニレテラスから散策路を散歩。。。

木々に囲まれた日陰に入ると、一気に涼しくなり風が抜けて気持ちいい♪

この季節にこの場所でしか味わうことができない特別な爽快感ですね^^/

散策路をすすむと奥には日帰り温泉の『トンボの湯』がありました。

L1090207 L1090208 L1090209

 

 

とんぼの湯からさらに散策路を進むと『ケラ池』という池があり、

冬季はこの池がスケートリンクとなりスケートも楽しめるそうです^^

またネイチャーツアー『ピッキオ』もこちらにあり、

自然を楽しめるツアーをシーズンを通して毎日開催しているようで、

自然を満喫したい方にはとてもオススメとの事でした^^/

L1090251 L1090252 L1090253

 

 

ハルニレテラスの次に向かったのは塩沢湖畔にある『軽井沢タリアセン』

実は今回の旅の目的はハルニレテラスではなく、

『夏の家』と『ハーモニーハウス』の見学が一番の目的^^

まず一つ目の夏の家は、チェコ出身の建築家『アントニン・レーモンド』氏が

自身の別荘兼アトリエとして軽井沢の南ヶ丘に建てられた建物。

現在はこの塩沢湖畔に移築されたのですが、元々はゆるい傾斜地に建てられたので、

基礎などを含め現在のたたずまいは当時とは大きく違ってしまっているそうです。

それでもやっぱり見る価値がすごくある建物だとは思います^^/

ちなみにこの建物、現在は『ペイネ美術館』となっており見学する事も可能です。

建物の中は、レイモンペイネ氏の作品「ペイネの恋人たち」を中心に、

とても可愛いイラストが、壁一面に飾られていました^^

L1090301 L1090302 L1090303

 

 

そして最後に訪れたのは、南ヶ丘別荘地に建てられた『ハーモニーハウス』

先ほど紹介した建築家レーモンドを師事とした『吉村順三』氏設計の建物でして、

軒があり縁側もあり、自然とも見事に調和されている美しい木造建築です。

吉村順三さんといえば、あの有名な『軽井沢の山荘』がありますが、

どちらの建物も周りの自然と溶け込むように設計されているのが見事ですよね♪

このハーモニーハウスの中は、音楽ホールやシェアハウスなどがあり、

さらにその下には、ダイニングを改修して出来た『エロイーズカフェ』があります。

開放的な窓から景色に酔いしれてしまい気づいたら本日3杯目のビールを注文^^;

素敵な建物で最高の景色を見ながらの、フレンチトーストとビールは格別でした^^;

L1090401 L1090402 L1090403

L1090404 L1090405 L1090406

 

 

使い勝手や質ばかりを追求する現代、それにより失われつつある魅力を再認識させられた旅となりました。。。

現在、自分の家を設計中なので参考にしていきたいと思います^^/

.