モノローグ | 茨城県と千葉県流山市周辺の外構・お庭は【そらにわ】

板倉構法の家を見学。

こんにちは、デザイナーのAtsuです。

先日、『里山建築研究所』さんの完成見学会に行ってきました。

板倉構法で建てられた15坪の平屋『つくば山麓・さんたろ』

板倉構法とは、柱と柱の間に杉板を落とし込んで壁を構成する構法です。

今回の現場はつくば山の麓という絶好のロケーション。

建物は15坪ですが、天井が高く仕切りがあまりないので、

ものすごく広く感じ、家族で住んでも十分な広さだなと思いました^^

最近では「ミニマルライフ」が流行っていますが、

そろそろ無駄に大きく建てる現代の家は少し考え直すべきだなと、

この建物を見てそう感じましたね^^;

昔の素材を再利用したり、ちょっとしたところが工夫されていて、

建築士さんのセンスを感じました^^

とても素敵な建物だったので、夢中になって真剣に見入ってしまい、

今回写真を撮るのを忘れてしまいました^^;

20150922,23菅江邸