モノローグ | 茨城県と千葉県流山市周辺の外構・お庭は【そらにわ】

– 京都一人旅 –

こんにちは、デザイナーのatsuです。

土曜日の仕事を定時で切り上げて、そのまま京都へと向かいました♪

予定では、京都→指宿→屋久島→直島とまわる研修だったのですが、

京都に向かう道中で、屋久島が50年に1度の大雨で土砂崩れが発生し、

登山客数百人が孤立しているというニュースが飛び込んできました。

すぐに現地のツアーガイドと連絡を取り合って話し合いをした結果、

残念ながら、屋久島行きは7月に延期をすることに…

という事で向かってしまった京都を1日だけ楽しんでまいりました。

今回、京都で宿泊を予約していたのは、『 ENSO ANGO TOMI  Ⅰ 』

ENSO ANGOは5棟あり、それぞれスタイルの違うホテルとなってます。

部屋の外には小さな和庭があり、明るく癒される空間でした^^

欲を言えば、小川を流してもらって水の音が聞けたら最高でしたね…

IMG_2000 IMG_2001 IMG_2002

朝食は1ブロック隣にあるENSO ANGO TOMI  Ⅱ の『富小路通SALON』

築80年の京町家で朝から体に優しい和定食♪

食べている間は、今後はアルコールを辞めて、素朴で体に優しい食事を、

毎日心がけようと思いながら食べてましたが、

数時間後にはもうその気持ちはどっかにいってしまってました^^;

IMG_2003 IMG_2004 IMG_2005

IMG_2006 IMG_2007 IMG_2008

今回予定していた場所が全て離れているというのと、日曜日ということもあったので、

今回は贅沢にタクシーを貸し切りにしました^^;

一見、高級なハイヤーのように見えますが、実はかなり良心的な金額で貸切となりました。

IMG_2050

 

 

『酬恩庵 一休寺』

最初に向かったのは、ご存知一休禅師のお寺『一休寺』

2018年秋のJR東海「そうだ京都、行こう!」に使われて有名になりましたね。

『参道』の青もみじは晴れていたおかげもあり圧巻でした!

IMG_2030 IMG_2031 IMG_2032

石川丈山、松花堂昭乗、佐川田喜六昌俊の3名合作といわれる庭。

南庭はサツキと白砂、東庭は十六羅漢の庭、北は蓬莱庭園の三面庭となっています。

IMG_2033 IMG_2034 IMG_2035

IMG_2036 IMG_2037 IMG_2038

有名なあれですね(笑) この立て札だけ後から設置した感が丸出しでしたが、

ちゃんと橋の真ん中を歩いて渡らせていただきました(笑)

IMG_2039 IMG_2040 IMG_2041

 

 

『直指庵(じきしあん)』

嵐山の大覚寺からさらに奥に入ったところにある直指庵。

ドライバーの橋本さん曰く、ほとんど観光客は来ないところだそうです。

橋本さんも何十年ぶりと言っていた直指庵ですが、

なんと従業員が怪我の為、門が閉まっておりました^^;

お庭見学をしたかったですが、こればっかりは仕方ありませんね^^

早く元気になってもらい、またの機会に訪問させていただきたいと思います。

IMG_2050 IMG_2051 IMG_2052

直指庵の目の前に旅館なのか老人ホームなのかわかりませんが建設中の建物があり、

ちょうど池や小川の工事をしているところでした。。。

IMG_2053

 

 

『白沙村荘』

銀閣寺近くにある白沙村荘は日本画家・橋本関雪の邸宅です。

画家ではありますが、建物の基本設計や庭も全て自身で行い、

作庭家としても高く評価されていたそうです。

お庭は桂離宮をコンパクトにまとめたような感じの素敵なお庭でした^^

IMG_2060 IMG_2061 IMG_2062

IMG_2063 IMG_2064 IMG_2065

IMG_2066 IMG_2067 IMG_2068

 

 

『月心寺』

こちらのお寺は京都ではなく、京都と県境にある滋賀県のお寺です。

30年以上のベテランタクシードライバーさんも、

一度も連れてきた事もなければ、自身も行った事がないと言っておりました^^;

「追分走井の庭園、景の中にくわしく意をふくみたるすがた」と

江戸時代中期の『築山庭造伝』にも紹介されている名庭で、

相阿弥の作庭と言われているそうです。

小野小町の百歳の姿をあらわしたとされる百歳像を安置した百歳堂や、

松尾芭蕉の「大津絵の筆のはじめは何仏」という句碑も立っています。

一般公開は土日のみで、建物内で蕎麦をいただく事ができます。

いろいろお話するのが好きな店主で、ここの歴史をたくさん聞く事が出来ました^^

メニューにビールがなかったので、「ビールはないですよね?」っと聞いたら、

缶ビールならありますよって出してくれ、葡萄もサービスでいただきました^^/

IMG_2070 IMG_2072 IMG_2071

IMG_2073 IMG_2074 IMG_2075

IMG_2076 IMG_2077 IMG_2078

IMG_2079 IMG_2080 IMG_2081

IMG_2082 IMG_2083 IMG_2084

 

 

『京都醸造』

クラフトビール好きなら絶対外せないクラフトビール専門店の『京都醸造』

国籍が違う3人の外国人が京都で始めた専門店です。

自分たちが飲みたいビールを作ろうと、

アメリカとベルギービールをベースに、常に新しい商品を造り続けています。

工場併設のタップルームは、12:00〜18:00まで土日のみ営業しているそうです。

この日も、店内・外とも外国人を中心にビール好きの人達で賑わっておりました^^;

IMG_2100 IMG_2101

 

 

今回、掲載した写真を見てもらうとわかると思いますが、

京都醸造以外の写真には、人が全く映っていないのがわかると思います。

日曜日だというのに、酬恩庵では1人、白沙村荘では女性2人組みの1組、

そして月心寺に限っては、誰一人訪れませんでした^^;

帰りに、祇園にある『京都祇園 あのん』さんに寄り道をしたのですが、

こちらはさすがに日曜日の繁華街という事で歩道には人だらけ^^;

有名な寺院などは人でごった返してましたが、

今回行った場所や、前回行った『無鄰菴』などは穴場でオススメですよ!