モノローグ | 茨城県と千葉県流山市周辺の外構・お庭は【そらにわ】

庭園散策 -六義園-

こんにちは、デザイナーのatsuです。

先週の休日はコルビュジエの建築展を観てきたので、

今週は庭園散策に行ってまいりました^^/

今回、散策に選んだ場所は駒込にある『六義園』

これ、読める方はなかなかの庭園通です^^

IMG_0495 IMG_0494

 

 

こちらの庭園は、『回遊式築山泉水庭園』となっており、

今の時期は梅とサンシュユの花が咲き始めていました。

IMG_0497 IMG_0498

 

 

金沢の兼六園などが有名な雪吊り。

樹木の枝が雪の重みで折れないようにするものですが、

雪の少ない東京の庭園は、冬の景色を飾る装飾として、

用いられているようです。

IMG_0513

 

 

そしてこちらが『菰巻き』

暖かいところが好きな害虫をこちらの菰に誘い込むそうです。

菰巻の上下に縛られた縄は、上部は誘い込み用に緩く、

下部はしっかりと結ばれており、地面への出口がないため、

この中で越冬し、春になって害虫が動き始める前に、

菰巻きを松の木から外して、そのまま焼却をするようです。

IMG_0510 IMG_0498

 

 

抹茶とお菓子をいただきながら、庭園を眺める。

贅沢な時間だな〜と素直に思える年齢になりました^^

IMG_0507

 

 

六義園で見どころの一つ『しだれ桜』

このしだれ桜が満開の時期に、庭園全体にライトアップされます。

IMG_0497

 

 

今年は開花が早そうなので、

予定より早い15日くらいからライトアップが始まるそうです。

旧古河庭園大田黒公園のライトアップを担当していた、

春田氏もライトアップの準備に追われておりました(笑)

滝見茶屋あたりのライトアップを担当しているようなので、

時間がある方は見に行ってあげてください^^/

IMG_0512

 

 

春や秋、新緑の時はもちろん美しいですが、

冬は冬で、この時期にしか見れない庭園の景色も美しいですね。